知ると知らないでは大違い?!求人の基本情報を知って、お得に人材ゲット!


雇用形態の違い

企業の雇用形態によって、求人媒体に払う料金も変わってくると言われています。求人で欲しい人材によって、その雇用形態を柔軟に変更していく必要があります。漠然と人材を採用していったら余計なコストがかかり経営を圧迫することにもなりかねません。

逆に、上手に雇用形態を選び、人材を採用することで、コストを押さえられるばかりでなく、採用した人にとっても働きやすい環境を作りやすくなるという意見もあるようです。企業の雇用形態と、それにともなう求人媒体へ支払う料金を知っていきましょう。

まず、正社員・契約社員ですが、こちらはある程度仕事の内容を長い時間任せられる人材を確保したいときに選ばれることの多い雇用形態です。このような雇用形態で企業媒体に広告を打つ場合、掲載期間は2週間から4週間ほどが主流となっていて20万円からが相場となっています。また、学生や主婦などが中心となるアルバイトやパートの募集は1週間掲載で2万円前後が相場となっています。こちらは飲食やサービス業の募集が多いです。

これから人材募集をかけたいという企業は、その雇用形態に注目して求人広告を打つとスムーズな募集が出来るかもしれません。是非注目してみてください。